頭がいい人は「分かりやすい説明」をする時、何を考えているのか

「頭がいい人は、難解なことでも分かりやすい言葉で説明出来る」みたいな信仰というか、都市伝説というか、聖闘士の伝承みたいなテキストが時折観測されるんですが、みなさんご存知でしょうか。

「頭がいい人 説明」とかでぐぐってみると、いろんなページが引っかかりますよね。

私、あれちょっと違うというか、色々誤解されてるなあ、と思っていまして。

正確には、「頭がいい人は、相手に説明をする目的と、相手にどこまで理解させる必要があるかを見極めることが上手い」というべきなんじゃないかなあ、と。そんな風に考えているのです。

昔、私が今とはまた違う職場にいた頃、一人「すごく説明が上手い人」が同じ部署にいました。彼のことを、仮にTさんと呼びます。

Tさんはエンジニアで、私よりも十年くらい先輩で、当時その職場に参加したばかりだった私がいたチームの、チームリーダーにあたる人でした。

私がその頃いた職場はユーザー企業でして、しかも元々が営業系の会社なので、偉い人の中にシステムに詳しい人がいなかったんですね。その為、新プロジェクトの立ち上げであるとか、新しい技術・製品の導入の際、予算を確保する為にかなり気を使って技術説明をしなくてはいけないのが常でした。

やったことがある方はご存知だと思うんですが、「システムを全然知らない人」の為にシステムの説明をすることは極めて困難です

システム用語、通じません。前提知識、ありません。工数感、伝わりません。

めっちゃ怒られているのがテレビで放送されてしまった

何ヶ月か前、ある人にめちゃくちゃ怒られたことがあって、その時の映像が某国営放送で、この前の日曜日に放送された。

まあ、炎上するだろうなと1ヶ月前から憂鬱だったのだが、ネットを見ると予想以上に燃えまくっていた。特にコメントをするつもりはなかったが、知り合いからも、「かわんごさん(仮名)が正しいと僕は思っているから」というような、よくわからない励ましのメッセージがたくさん来るので、一言、ここで書いておこうと思う。

まず、あのシーンにおいて、どちらが正しいといったことはないと、僕は思っている。それぞれ違う考え方、違う感じ方を持つ別々の人間であるというだけの話だ。

事実としてあるのは、僕が「ある人」を不快にさせることを、「ある人」のテリトリーでやってしまったということだ。それについては全面的に僕の失敗であり落ち度だ。

そもそもあの場はなんだったのかというと、CGの世界でどういう技術が開発されようとしているかを知って欲しかったからだ。放送で使われたのは、自社で作った映像の一部が映っていたが、実際は他社も含めた事例紹介の中の一部が切り取られてテレビには放送されたわけだ。

おそらくは否定的な反応だろうというのは事前から予想はしていたが、まあ、なんらかのヒントや刺激になれば十分だぐらいに思っていたのだが、想定していたよりも、かなり、めちゃくちゃ怒られた。

さて、放送されると炎上するだろうというのも予想していたわけだが、こっちの方も想定以上にネットは燃えた。事前から分かっていたのに、なぜ、あのシーンを放映することを許可したのか。事実をいうと一旦、断った。当たり前だ、なんの得もない。

学級崩壊した後の学級担任

1度だけ、自分のクラスが崩壊した経験がある。ただ、若い時で、記録もちゃんと取っていないし、その時は必死になっていたので、いったい何が原因で起こったのか不明である。諸先輩方には連日いろいろアドバイスをいただいたが、結局、収束には至らなかったような記憶がある。

その後の長い教師生活の中で、学級崩壊を間近に見た経験がある。それをここで書きたい。

最初はある、教育に非常に熱意のある、若い女の先生のクラスで起こった。
転勤してきたばかりで、学校や子どもの様子をよく知らない。それなのに、5年生を担任した。
教育に対して非常に熱意のある先生だ。クラスはこうでなければならない、子どもと子どもの関係はこうでなければならない、ということで指導されていた。友だちとは仲良くするものでしょ、力を合わせあうものでしょ、ということを真っ直ぐに子どもに言っていた。
勉強についても熱心に取り組まれていた。力の弱い子どもには、やさしいドリルを別に作ってやったり、放課後遅くまで勉強をみてやったりしていた。何度か、理科(算数)のここ、むずかしいでしょ。どうにかやさしく教える手だてはないものでしょうか、と質問を受けたことがある。
中休みに子どもと一緒によく遊んでいた。
ところが、6月頃から学級がうまくいかなくなった。相談も受けた。
原因は、熱心すぎることにあると思った。上に書いたように、この先生には子どもはこうあるべきだという強い思いこみがあって、それに合わない子どもに強く指導する傾向があった。それが、少しのことでも強く指導するものだから、子どもの方でだんだん先生から離れていったわけである。

p

子どもの運動会で転倒、写真撮影もうまくいかず…失敗しないコツは

昨年の子どもの運動会では、保護者競技で転んだり、スマートフォンでの写真撮影もうまくいかなかったりと散々でした。今年の運動会で名誉挽回できるようアドバイスをください。

猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。

春の運動会シーズンが近づいてきました。わが子や孫が主役とはいえ、競技参加に写真や動画の撮影など、保護者も張り切っちゃいますよね。専門的なアドバイスをもらって大活躍しましょう。

保護者が競技に参加する際のポイントを、福岡市スポーツ協会のスポーツトレーナー田村麻衣さん(34)に聞きました。「日ごろ運動しない人が突然体を動かすと、転ぶどころか最悪の場合アキレス腱(けん)が切れることもある」と田村さん。競技前に固まった体をほぐすことで、けがをしにくくなり、その時の自分に出せる最大の実力が発揮できるそうです。競技に向けて体をほぐす「リセット体操」と教わりました=写真(1)。

「リセット体操」

 (1)まずはあばら骨周り。四つんばいになり、胴でアーチを作るように背を丸めたり反らせたりします。上げ下ろし1セットとし、20回程度。

(2)次は肩甲骨ほぐし。指2本分足を開いてまっすぐ立ちます。目の前に1本の縦線が伸びているイメージをしながら、その線に沿って片手を上げ、もう片方の手は下げます。このとき両手が上下に引っ張られて伸びているのを意識します。左右1セットを10回程度。

(3)最後に股関節。片足を上げ、膝で円を描くように大きく回します。浮かせた足は、透明の踏み台を踏んでいるような気持ちで、なるべく動かさないようにしましょう。左右それぞれ10回程度。

また、競技直前には全身がほぐれているかもチェックしてください。指2本分足を開いて立ち、リラックスした状態でかかとを上げ下げします。体がぐらつかなければ、しっかりとほぐれている証拠だそうです。

スマホ専用のカメラレンズも

 保護者がスマホで運動会を撮影する光景が増えましたが、普通のスマホには本格的な望遠機能がないので遠くの競技を写すのには不向き。そこで最近は、スマホ専用のカメラレンズもいろんな商品が出ているようです。

福岡市中央区のビックカメラ天神2号館で運動会シーズンに売れるのが、「リアルプロクリップレンズ 望遠7倍」(ケンコー、3996円)=写真(2)だそうです。スマホのレンズ部分にクリップで挟めば、7倍の望遠で撮影が可能。売り場担当の松岡拓海さん(26)は「ピントの調節が必要なので、ゴールテープなどにピントを合わせて構えるときれいに撮れる」とアドバイスします。

日差し対策は?

 最後に、春とはいえ日差し対策も大切です。主婦でつくる「福岡友の会」の桑野宏子さん(75)にアドバイスを求めると「首回りに手ぬぐいを巻くのがお勧め」。日焼け防止になる上、タオルより通気性がいいそうです。もちろん、お弁当は日陰に保管。時間とともに日陰の位置も変わるので気を付けましょう。

お助けいただき、ありがとうございました。