84年前の少女たちが「今の女子高生と同じ姿」と衝撃走る

84年前の日本を撮影した動画に映った女学生と思われる少女たちが、現代の女子高生と変わらないファッションをしていると、ネット上で話題になっている。お下げ髪こそ古風だが、セーラー服や膝丈のプリーツスカートにタイツ姿で目いっぱいオシャレしていることが分かる。

1932年、日本の戦前の女子高生が
今と寸分も違わない格好してて衝撃を受ける。Σヽ(・д・)ノ

この少女達が映ったのは「JAPAN LAND OF THE CHERRY BLOSSOMS」というモノクロ映画。2012年にオランダのミハエル・ロジェさんが「1932年の日本の映像」として、YouTubeにアップした。「女学生」たちは2分48秒〜54秒にかけてカメラの前を通過している。

1932年といえば、昭和7年。日本は深刻な昭和不況からは立ち直りかけていたが、軍部の発言力が増大。犬養毅首相が殺害される五・一五事件が発生したほか、日本軍の占領地域に満州国が建国された。ドイツではナチスが第一党に躍進するなど、第二次大戦前夜の不穏なムードが世界中に漂い始めていた。

そんな中でも人々は、日々の生活を楽しんでいたことが分かる貴重な動画。ただし文字が鏡文字で映るなど、映像は左右が反転している模様だ。

知的であるかどうかは、五つの態度でわかる。

一つ目は、異なる意見に対する態度
知的な人は異なる意見を尊重するが、そうでない人は異なる意見を「自分への攻撃」とみなす

二つ目は、自分の知らないことに対する態度
知的な人は、わからないことがあることを喜び、怖れない。また、それについて学ぼうする。そうでない人はわからないことがあることを恥だと思う。その結果、それを隠し学ばない

三つ目は、人に物を教えるときの態度
知的な人は、教えるためには自分に「教える力」がなくてはいけない、と思っている。そうでない人は、教えるためには相手に「理解する力」がなくてはいけない、と思っている

四つ目は、知識に関する態度
知的な人は、損得抜きに知識を尊重する。そうでない人は、「何のために知識を得るのか」がはっきりしなければ知識を得ようとしない上、役に立たない知識を蔑視する

五つ目は、人を批判するときの態度
知的な人は、「相手の持っている知恵を高めるための批判」をする。そうでない人は、「相手の持っている知恵を貶めるための批判」をする。

40過ぎのおっさんが連れ立って旅してもいいじゃない

20年来の友人が二人いて年に1,2度一緒に旅行するわけだけど、周囲の評判はあまり芳しくない。

スケジュール次第なので自分も含めて3人でいくこともあるし2人で行くこともある。

日本の知人には理解してもらえないことを認識したので極力伏せているのだが、最近では外国人にも理解してもらえないことも認識した。

連中に言わせると40過ぎのおっさんが一緒に旅行をすることは異常らしい。

一応言っておくとゲイではないけど、二人ならツインの部屋に泊まることに抵抗はないし三人でも同様で旅館なら同じ部屋。

だからといって別に一緒じゃなきゃ嫌というわけでもなく、シングル3部屋のこともある。

こんな距離感を理解できない人が世の中にはかなり多いっぽくて悲しい。

コンパニオンを呼ぶとか風俗方面の邪推をされがちだけど、それも違って一緒に旅行している間はそういうのはなくて。

一緒に旅して観光地めぐって温泉入ってアホみたいにバイキングの食事を食いまくったりして寝て帰る。

そういう普通の旅をおっさんがやって何が悪いのだろう、別に誰にも迷惑かけてないよね。

おっさんが3人でいちご狩りしたっていいじゃない、ふれあい動物園で遊んだっていいじゃない。

これが女性同士だったら女子旅とかで許容されるよね、と考えると性差別なのかもとか思ったりもしたりする。

ただ、そろそろ国内はある程度行ったので次は海外かなとなると面倒なことが増えそうでちょっと悩む。

3

デブでブサイクな男子大学生が女子店員よりもレディース服を売れるようになった話。

「絶対に話しかけるな」と。

しかし大学生の頃、デブでブサイクな僕は※ユニセックスのアパレル店でアルバイトをしてしまいました。理由は簡単です。モテたかったんです。アルバイトはアパレルで店員してるよ。って大学の友達に言いたかったんです。承認欲求を満たしたかったんです。そうです、僕は大学デビュー組です。

※ユニセックス=男女兼用のことですが、アパレル的にはメンズとレディースが店舗の中に混在していることを指します。ユニクロやGAPなどを指します。僕が学生の時はそんな店舗レイアウトがトレンドでした。
僕が働いたのは、LOWRYS F◯RM(♀)とRAGEBL◯E(♂)というブランドが混合した店舗でした。面接では、女子はレディースを販売、男子はメンズを販売するという基本分業制という行動指針でした。

しかし、ある日の出来事がきっかけで、デブでブサイクな僕はレディース服の接客をすることになってしまったのです。しかし、デブでブサイクなぼくは、様々な逆境を跳ね除け、女性スタッフよりも女性に洋服を売ることになります。そんな淡い青春のサクセスストーリーnoteです。
(※この物語はフィクションも盛りも一切ございません。約8000字の長編になりますので、お時間がある方のみ御覧ください。)

记事元:https://note.mu/yeahmen/n/na54015d7c492

2

「特別支援学級」で育った子の知られざる本音

「私はアスペルガー症候群とADHD(注意欠陥多動性障害)を持ち、早期に診断を受け療育を受けている最初の世代です」――連載の取材応募フォームから寄せられたメッセージには、こんなふうに書いてありました。送ってくれたのは、都内に住む20歳の女性です。

そこで、早速これまでに読んだり聞いたりしてきた(しかしさほど詳しいわけでもない)発達障害の知識を総動員して、お話を聞かせてもらったのでした。

「おとなたちには、わからない。」シリーズ。今回は、5歳で発達障害の診断を受けて特別支援学級に通ってきた、高橋涼音さん(仮名)のお話です。

■「特殊学級」→「特別支援学級」の1期生

涼音さんが発達障害の診断を受けたのは、2002年のこと。当時、発達障害という言葉を知る人は、まだ少なかったでしょう。看護師である涼音さんの母親が発達障害の知識をもっていたことから、早い時期での診断に結び付いたのでした。

涼音さんの幼少期は、なかなか波乱に満ちていました。小学校低学年のときは、一時保護所(児童相談所に付属する施設。18歳未満の子どもを預かる)で生活していたこともあります。これは、同じアスペルガー症候群でも自閉傾向が強かった妹さんの家庭内暴力のためでした。

 一時保護所では「年上の少年に執拗にボコられ」て苦労し、自宅に戻った後は不登校に。その後、小3の2学期からは特別支援学級に入りました。「特殊学級」が「特別支援学級」という名称に変わった、ちょうど最初の年です。

中学も特別支援学級に通い、高校はチャレンジスクールへ。チャレンジスクールとは、不登校で中学に通えなかった生徒などのために東京都が設置した単位制・定時制の高校です。涼音さんはここに4年通い、今年度から大学生となりました(取材は2017年2月)。

 「発語は3歳のときなので、特に遅くはないですね。逆にトイレは遅かったです。言語能力と情報認識能力に差があって、言語のほうが早かった。妹は逆です。私は自閉傾向がかなり少ないです。障害の程度は、決して軽くはないですけど」

「障害の程度は軽くない」という言葉が意外に思えて、「重さはどうやってわかるの?」と尋ねると、「生きていて、なんとなく(笑)」とのこと。本人がそう感じるのであれば、そうなのかもしれません。

记事元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00218036-toyo-soci

http://blog.cntblog.info/wp-content/uploads/2018/07/5ch.zip

p

子どもの運動会で転倒、写真撮影もうまくいかず…失敗しないコツは

昨年の子どもの運動会では、保護者競技で転んだり、スマートフォンでの写真撮影もうまくいかなかったりと散々でした。今年の運動会で名誉挽回できるようアドバイスをください。

猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。

春の運動会シーズンが近づいてきました。わが子や孫が主役とはいえ、競技参加に写真や動画の撮影など、保護者も張り切っちゃいますよね。専門的なアドバイスをもらって大活躍しましょう。

保護者が競技に参加する際のポイントを、福岡市スポーツ協会のスポーツトレーナー田村麻衣さん(34)に聞きました。「日ごろ運動しない人が突然体を動かすと、転ぶどころか最悪の場合アキレス腱(けん)が切れることもある」と田村さん。競技前に固まった体をほぐすことで、けがをしにくくなり、その時の自分に出せる最大の実力が発揮できるそうです。競技に向けて体をほぐす「リセット体操」と教わりました=写真(1)。

「リセット体操」

 (1)まずはあばら骨周り。四つんばいになり、胴でアーチを作るように背を丸めたり反らせたりします。上げ下ろし1セットとし、20回程度。

(2)次は肩甲骨ほぐし。指2本分足を開いてまっすぐ立ちます。目の前に1本の縦線が伸びているイメージをしながら、その線に沿って片手を上げ、もう片方の手は下げます。このとき両手が上下に引っ張られて伸びているのを意識します。左右1セットを10回程度。

(3)最後に股関節。片足を上げ、膝で円を描くように大きく回します。浮かせた足は、透明の踏み台を踏んでいるような気持ちで、なるべく動かさないようにしましょう。左右それぞれ10回程度。

また、競技直前には全身がほぐれているかもチェックしてください。指2本分足を開いて立ち、リラックスした状態でかかとを上げ下げします。体がぐらつかなければ、しっかりとほぐれている証拠だそうです。

スマホ専用のカメラレンズも

 保護者がスマホで運動会を撮影する光景が増えましたが、普通のスマホには本格的な望遠機能がないので遠くの競技を写すのには不向き。そこで最近は、スマホ専用のカメラレンズもいろんな商品が出ているようです。

福岡市中央区のビックカメラ天神2号館で運動会シーズンに売れるのが、「リアルプロクリップレンズ 望遠7倍」(ケンコー、3996円)=写真(2)だそうです。スマホのレンズ部分にクリップで挟めば、7倍の望遠で撮影が可能。売り場担当の松岡拓海さん(26)は「ピントの調節が必要なので、ゴールテープなどにピントを合わせて構えるときれいに撮れる」とアドバイスします。

日差し対策は?

 最後に、春とはいえ日差し対策も大切です。主婦でつくる「福岡友の会」の桑野宏子さん(75)にアドバイスを求めると「首回りに手ぬぐいを巻くのがお勧め」。日焼け防止になる上、タオルより通気性がいいそうです。もちろん、お弁当は日陰に保管。時間とともに日陰の位置も変わるので気を付けましょう。

お助けいただき、ありがとうございました。