今の時代、「ふわっとした仕事を具体的なタスクに落とし込むスキル」だけで十分食えると思う

2018/07/9 18:10

どうもしんざきです。とある業界の、社員100人ちょっとの企業で中間管理職をしています。

同業他社の管理職同士で飲むことがたまーにありまして、先日は何故か「どれくらい古いパソコン用語を知っているか勝負」という、冗談抜きでひとかけらの生産性もない話で盛り上がっていました。

平成も終わろうかというこの時代に、HYMEM.SYSの記述方法についての宗教議論とか、本当になんの役にも立たないのでやめて欲しいです。超楽しかった。

で、その時、もう一つ盛り上がっていた、というか愚痴の言い合いになっていたのが、「ちゃんとタスク切れる人不足」という話でした。

毎度毎度、人手が足りている、足りていないの話になるのは管理職飲み会あるあるです。飲み会の一つの焦点といっても良いかと思います。

業界にもよるのかも知れないんですが、実をいうと今、採用自体は割とスムーズにいっているという話を聞くことが多いんです。

それも、それぞれの分野でちゃんと経験を積んでいて、必要なスキルを持っている人たちが応募してきてくれることが多く、そこは恐らく「転職のマッチングシステムが進化していることが大きいんじゃねえか」という話に、少なくとも我々の間ではなっているんですが。

ただ、その上で頻繁に話題になるのが、「タスクをちゃんと具体化・詳細化出来る人マジ少ないよね」という話です。